オープンカーとは

トップページ > オープンカーとは

オープンカーとは屋根のない車です。

 

3060349270_29cf6a08aa_z

 

 

オープンカーは屋根のない車です。単純にこの言葉を信用してもらうと少し誤解されそうなので、少々解説します。

 

 

屋根はあります。屋根は開閉が出来ます。屋根には鉄製のハードトップと、布製のソフトトップがあります。布製だからと言って雨がしみ込んで漏れる心配はありませんのでご安心を。

 

 

車によっては、ハードトップ、ソフトトップ両方ラインナップしているオープンカーもあります。

 

 

 

 

ハードトップは、電動で開閉できる物が多く、雨が降ってきても減速すれば、開閉操作で出来るモデルもあります。しかし、高価であり、機械式で開閉しますので、故障するリスクはソフトトップに比べて高いです。

 

 

一方、ソフトトップは、開閉機構が簡素なので、故障するリスクは少なく、布ですので、軽量です。軽量ですので、燃費などの走行面で、ハードトップに勝ります。さらに、価格がハードトップに比べると安いです。

 

 

屋根の種類は概ねこの二つですが、中には、開閉ができないものもあります。今現在自動車メーカーが販売するオープンカーは、オール転向型で屋根が装備されているオープンカーが多いです。昔は、屋根のないオープンカーも販売されていました。ちなみに、当サイトのトップ画像のシルビアと180sxはチューニングで屋根を取っ払った車です。

 

 

お気に入りの車にオープンのグレードが無ければ、屋根をぶった切るのも在りかもしれません。その時は、構造変更などをする必要があります。それに、屋根が無いと晴れた日にしか乗れません。もし、するのであれば、注意が必要です。

 

 

 

 

オープンカーの呼び名は様々あります。

 

 

  • アメリカでは、コンバーチブル
  • イギリスではロードスター
  • ドイツではカブリオレ

 

 

と呼ばれています。日本車でもオープンカーの名前も様々です。

 

 

  • RX7のオープンカーはガブリオレ
  • 日産フェアレディーZのオープンモデルはロードスター

 

 

上記のモデルは、クローズドボデーの販売が主流なモデルですが、クローズドモデルも中にオープンモデルもラインナップしています。コンバーチブルの名前が付いた国産オープンカーを探すことはできませんでしたが、アメリカはコンバーチブルの呼び名が主流です。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

手頃なオープンカーから維持費、軽自動車、国産、オススメなどを、比較、ランキング形式で紹介