オープンカーは寒い?実はオープンカーは冬の乗り物です。

トップページ > オープンカーは寒い?実はオープンカーは冬の乗り物です。

オープンカーは寒くない!

 

 

オープンカーは寒い

 

 

オープンカーは屋根がなく外気と触れています。それが、オープンカーです。ただ、屋根を閉じることも出来るので、外気に触れずに楽しむことも出来ます。でも、オープンカーの最大の醍醐味は、屋根がないことからくる開放感です。外気に触れ、外の香りに触れる、外の音に触れる。クローズドボディーには真似できない利点です。

 

 

日本には、素晴らしい四季があります。春、夏、秋、冬それぞれ違った景色を楽しむことが出来ます。オープンカーを楽しめるのは、どの季節だと思いますか?春ですか?秋ですか?冬ですか?

 

 

おそらく多くの人は、「夏」だと答えると思います。それは、映画などで、リゾート地の海辺を走る光景を想像しているからではないでしょうか?でも、真夏はオープンカーにとってはあまり優しくありません。なぜか、それは、直射日光に体が触れてしまうからです。夏場の日差しは侮ってはいけません。何もしないで直射日光に当っていると、日焼けで皮がむけてしまうことも珍しくないからです。

 

 

日差しの強い初夏~は、屋根を締めて楽しまれることをオススメします。夏場オープンカーを楽しむのは、日が落ちてからか、陰になっている道路を走る時がオススメです。中でも、山道で影になっている場所を走ると、外気もヒンヤリしており、涼しくオープンカーを楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

では、反対にオープンで走るのに最も向かない季節はどれだと思いますか?「冬」と聞こえてきそうです。確かに、冬は外気が寒いので、オープンカーの利点は、欠点になりそうですが、実はそうではありません。オープンカーには、暖房が付いていますし、オープンカーはバイクと違い直接外気に当ることはありません。

 

 

なぜなら、フロントにガラスがあるからです。このガラスがある以上、走行時直接冷たい風を前から受けることはありません。それに、シートヒーターを利用すると更に暖かくなります。車内の暖房、プラスシートヒーターでオープンにしてても冬の走行を楽しむことが出来ます。

 

 

オープンカーを寒い冬に楽しむ

オープンカーだからと言って走行時、前から直接風を受けることはありません。オープンカーの暖房装備としては、カーエアコンの暖房とシートヒーターがあります。中には、標準でシートヒーターを装備していないオープンカーもありますが、シートヒーターは後付で装備することも可能です。

 

 

一番近い感覚は、冬場の温泉に近いものがあるかも知れません。冬場の温泉は、首だけ外気に触れています。首から下は、温泉に入っているので、暖かいです。非常に気持ちのいいものです。オープンカーもあれに、近い感覚があります。体は、シートヒーターで温かくなり、カーエアコンで更に暖かくすることが可能です。

 

 

ただ、限度はあります。強い寒波が到来していると少し厳しいものがあります。そういった時は、屋根を閉めれば問題はありません。オープンカーは、屋根が付いています。屋根をうまく活用することで、年中オープンカーを快適に楽しむことが出来ます。寒いと思えば屋根を閉めたらいいんです。

 

 

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

手頃なオープンカーから維持費、軽自動車、国産、オススメなどを、比較、ランキング形式で紹介