オープンカーを盗難から守るにはセキュリティが大切

トップページ > オープンカーを盗難から守るにはセキュリティが大切

オープンカーを盗難から守るにはセキュリティが大切

 

車を盗難する悪人は存在します。あなたが車の盗難に合わない可能性はゼロではありません。でも、おそらく何人かの人は、こう言います。「自分は大丈夫」と根拠のある自身ならいいのですが、ほとんどの人は、家の前に止めているから大丈夫程度の根拠です。

 

程度とは、少し暴力的な表現かもしれませんが、でも私は知っています。自宅の前に止めていて盗られた人を。自宅の前に止めたくらいでは、犯人は怯みません。犯人からオープンカーを守るにはしっかりとした対策が必要です。

 

 

最も単純な盗難対策はハンドルロック


ハンドルロック 自動車 セキュリティー【普通自動車用軽自動車用商用車用トラック用の盗難防止装置を付けてない車にも大活躍】セーフティ ステアリングロック 車両 スペアキー付き ロックバー【あす楽対応】【HLS_DU】【RCP】【7777円以上 送料無料】

 

最も単純な構造で盗難対策としての効果が高いのがハンドルロックです。ハンドルロックは、イモビカッターでイモビライザーを切られても、ドアロックをこじ開けられても、運転ができません。運転が出来ないので、その場から動かすこともできません。盗難対策としては、高い効果が期待できます。ただ、ハンドルロックがしてある車は、あからさまに車内を見ればわかります。これを嫌う人がいますが、犯人から見ても見えると言うことなので、ハンドルロックを見せることは防犯にもなります。

 

音でオープンカーを盗難から守る

 

犯人が嫌がるものの一つに音があります。音は、犯人を威嚇し、車を盗難させる気をそぎます。最近の車は純正でも振動を感知して、音がでる装備を標準で、装備している車もあります。そういった車は是非、活用していただきたいのですが、付いていない車は、付けてください。

【送料無料!】 COMTEC (コムテック) カーセキュリティ 牙 XW310 簡易型警報装置 ☆簡単操作で使いやすい☆アンサーバック機能付!!

 

 

振動を感知し、警告音を発する装置は後付で付けることが出来ます。上記に紹介している装置は、取り付け位置を決めて、シュガーソケットに刺すだけで、設置は完了します。簡単です。非常に簡単です。機械の苦手な方でも取り付けれます。少し車に詳しい人でしたら、別売りの線を使うとバッテリーから直接電源を取ることも出来ます。これで、防犯は二つになりました。ハンドルロックと警報装置です。この二つは、盗られる前の装置です。

 

犯罪は日々進化しています。いつかは、突破されます。もし、突破されて盗られたら、後は、警察に任せるしかありませんでした。今までは、最近では、警察の他に選択枠が出来ました。

 

オープンカーがもし盗難された時に力を発揮するGPS

 

GPSはを搭載していると、位置情報を端末が取得し、今現在車がどこにあるのかを教えてくれます。最近では、携帯電話、スマートフォンで携帯会社各社がサービスを提供しています。車にもGPS端末を設置することで、今どこに車があるのかを教えてくれます。

 

ここで、触れるGPS端末は、携帯電やスマートフォンを設置するのではありません。専用のGPS端末があります。この端末は、車から直接電源を取ることもできるので、車の内部に設置すれば犯人にも気付かれにくくなっています。そのサービスは日本最大の警備会社セコムが行っているサービスです。

 

 

 

 

サービス開始以来900台以上の車がオーナーの元に帰っています。万が一とられて、場所が分かった時は、要請をすれば、セコムの警備員が現場まで駆けつけます。車のセキュリティー対策にやりすぎはありません。盗難対策をすることで大事な愛車を守ります。

 

 

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

手頃なオープンカーから維持費、軽自動車、国産、オススメなどを、比較、ランキング形式で紹介