失敗しないオープンカーを買うのなら保障が大事

トップページ > 失敗しないオープンカーを買うのなら保障が大事

失敗しないオープンカーを買うなら保障が大事

 

 

失敗しないオープンカー選び

車を購入する状態として、中古と新車があります。中古は誰かが使った自動車です。新車は工場出荷から誰も登録をしていない車です。中古車は価格面で新車より安く、新車は誰も使用していないので、綺麗です。それぞれ、メリット、デメリットは存在します。今回は、失敗しない中古車のオープンカーについて解説します。

 

最初に結論から申し上げます。失敗しないオープンカーの中古車を買うには保証が大切です。

 

よく、中古車を買う前に、ネットや雑誌などを見て知識を付け、購入される人がいます。この方たちは、決して間違ってはいません。むしろ、正しいのです。でも、それだけでは、不十分なんです。相手はプロです。あなたのように、知識を付けてきた人を何人も相手にして来たことでしょう。

 

普通の人が生涯で車を購入される数と、プロが相手にしている車の数では、桁が違います。相手は、どこに何をすればいいのかを知っています。車を見に来た貴方をやり過ごすテクニックを知っています。

 

ただ、こんな書き方をすると、中古車業者がみんな悪者みたいですね。中古車業者の大半はいい業者で、あなたに喜んでもらおうと、仕事をしています。でも、いい業者でも車を購入してすぐ壊れる事態は発生しています。

 

 

販売業者も実はわからない

 

私は、工場で製品を作っていたことがあります。自動車の部品です。工業製品には、ここまではいいけど、ここまではだめと基準が設定されています。

 

たとえば、

厚さ12センチの物はだめ
厚さ11センチの物はOK
厚さ10センチの物はOK
厚さ9センチの物はだめ

 

このような感じで、少し余裕を持たせて製品を作っています。大量生産で同じものを作っているように思えても、切断する刃の摩耗、製品のセットの仕方で、寸法は少し変わってきます。

 

厚さ11センチの物は、10センチより耐久性がありそうですが、場所によっては、11センチあるがために均等に圧が掛からず、弱いカ所に圧が逃げて壊れやすくなる事もあります。部品の厚さなんて、中古車販売業者はわかりません。

 

中古車は販売に当たり点検をするところがほとんどですが、すべてを見れるわけではありません。正直なところ、この走行距離で、下回りが綺麗だから大丈夫であろうぐらいしかわかりません。もちろん、根拠のない憶測ではなく、過去のデーターと照らし合わせて評価します。でも、イレギュラーはあります。

 

未来はわかりません。では、どうするか、人間なら未来に備えるべく保険に入っています。自動車の場合は、保証が保険に近い存在です。新車を購入する際は、メーカーから保証が付いてきます。中古車を購入される時は、保証を付けてくれるのは販売店です。販売店側から見れば、保証は、信用も得られますが、リスクも高いです。

 

中古車の保証は、購入者と販売業者との間で交渉によって決める場合が多かったです。交渉が上手な人はいいですが、交渉が苦手な人は、どうすることもできませんでした。ただ、最近では、保障付の中古車を扱っているお店が存在します。いろんな業者がありますが、電話で簡単に問い合わせ出来るお店を紹介します。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

 

CMなどでお馴染みのガリバーです。

ガリバーなら様々な保証を用意しています。車選びでお困りの方、保証が欲しい方は、ガリバーに相談されるといいかもしれません。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

手頃なオープンカーから維持費、軽自動車、国産、オススメなどを、比較、ランキング形式で紹介