治安のいい日本だからこそオープンカーをオススメします。

トップページ > 治安のいい日本だからこそオープンカーをオススメします。

オープンカーは治安の悪い場所では乗れません。

 

まずは、こちらの動画をご覧ください。動画はYouTubeの動画です。

 

 

 

 

映像の国は日本ではありません。犯人は足を撃たれ捕まった模様です。治安の悪い場所ですと起きてしまいます。

 

 

オープンカーは車内が丸見えです。どんな人物が乗ってるのかはもちろん、車内に何を積んでいるのかさえ丸見えです。車内のどこに何があるかわかるので、犯人の仕事は早いです。停車中は是非、屋根を占めてもらいたいです。

 

 

動画は、バイクの強盗です。バイクですが、オープンカーも似たような物です。クローズドボディーの車に比べるとどうしても防犯と言う意味では、劣ります。クローズボディーは、窓を閉め、鍵を掛けてしまえば一種のシェルター状態になり、外部の脅威からあなたを守ってくれます。

 

 

窓を割られれば、かなりの脅威ですが、窓を割って貴方に脅威を及ぼすまでには、時間が掛かります。その間にあなたは車を発進させて逃げることも可能です。銃社会なら車に乗っていても打たれれば終わりですが、日本は非銃社会なので、車に乗り、窓を閉め、ロックさえすれば貴方の安全は確保できます。

 

 

でも、オープンカーはそれが出来ません。もちろん、屋根付きのオープンカーなら、クローズドボディーと同等の安全性は確保できます。治安が悪いからと言って常に屋根を閉めていては、オープンカーを乗っている意味はありません。

 

 

日本の治安は世界的にいいと言われています。上記のように白昼堂々と車通りが多い場所で強盗されることは、皆無ではないでしょうか?そりゃ、絶対ないとは言い切れませんが、ほぼ0だと思います。

 

 

 

 

オープンカーが日本で最も遭遇する率が高い犯罪は車上荒らし

 

 

オープンカーのみならず、最も被害に遭う確率が高い犯罪は、車上荒らしです。車上荒らしは、あなたの大切な車に傷を付けて、車内の物を奪っていきます。たまにニュースで報道されていますが、あれは氷山の一角にすぎません。

 

 

警視庁のデーターによれば、平成25年の車上狙いの件数は、5877件です。減少傾向にはあるそうですが、あなたが合わない保証はありません。

 

 

オープンカーを停車し、車から離れる際は、面倒かもしれませんが、屋根を閉め、窓を閉めることをオススメします。ちょっとそこだからと思っていても、だめです。犯人は利口だと言うことを覚えておいてください。

 

 

オープンボディーは車上荒らしに遭う確率は高いですが、屋根を占めることによって、被害のリスクをクローズドボディーの車と同等まで引き下げることが出来ます。

 

 

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

手頃なオープンカーから維持費、軽自動車、国産、オススメなどを、比較、ランキング形式で紹介