軽自動車のオープンカーホンダ・ビート

トップページ > 軽自動車のオープンカーホンダ・ビート

軽自動車ミッドシップオープンカーホンダ・ビート

 

 

国産自動車メーカーホンダが、かつて生産販売していた軽自動車のオープンカーが、ホンダ・ビートです。ビートはオープンカーです。軽自動車のオープンカーは他には、カプチーノ、コペンがありますが、ミッドシップオープンカーは、ホンダビートだけです。ミッドシップとは、後方にエンジンがある構造を指します。走る為に作られたマシーン、F1カーもミッドシップを採用しています。車の中で、重い部品のエンジンが後方にある方が重量バランスがとりやすく、トラクションを掛けるのにも有利になります。

 

 

ミッドシップ軽自動車オープンカーホンダ・ビートのスペック表

 

ホンダ・ビート(E-PP1)

グレードバージョンZ
馬力64ps
トルク6.1kg
排気量656cc
ミッション5MT
燃費
10:15モード
17.2km
乗車定員2名
駆動方式ミッドシップ

 

 

ビートは、軽自動車として初めて、座席の後ろにエンジンを搭載し、後輪が駆動するミッドシップレイアウトを採用した2シーターのフルオープンボディーを採用しました。エンジンは、660ccの三気筒12バルブエンジンを搭載し、自然吸気ながら軽自動車の馬力規制一杯の64psを発生させています。組み合わされるミッションは、五速MTです。

 

軽自動車オープンスポーツカーホンダ・ビート維持費目安表

 

軽自動車の車検料目安

軽自動車の車検量目安い自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車26,370円6,600円1,400円34,370円
エコカー26,370円5,000円1,400円32,770円
13年経過車26,370円7,600円1,400円35,370円
18年経過車26,370円8,800円1,400円36,570円
車両の初期登録からの経過年数で車検料が変ってきます。 エコカーは車検料が優遇され、古い車は車検料が冷遇されます。

軽自動車の自動車税目安

エンジン排気量税金の金額
軽自動車10,800円

 

 

軽自動車オープンスポーツカーホンダ・ビート

 

ホンダ‐ビートは軽自動車のオープンスポーツカーです。現在はすでに生産を終了していますので、入手は中古車のみとなります。生産終了が1996年なので、少々年式が古くなっては来ています。ただ、その分中古車の価格が下がってきていますので、お手頃値段で購入できます。

 

 

メインの車としては、少々不安が残るかもしれませんが、セカンドカーとして、遊ぶ車として使うのなら十分に楽しい車です。ビートは軽自動車です。軽自動車は普通自動車に比べて、維持費が安いのは周知の通りですが、部品代も普通車に比べて安いです。

 

 

ホンダ・ビートは遊べるセカンドカーとして、休日を車で楽しみたい方におすすめ出来る一台です。

 

 

軽自動車オープンスポーツカーホンダ・ビートの中古車市場価格情報

    ビート   
本体価格:70,000
    ビート   
本体価格:199,000
    ビート   
本体価格:235,000
221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

手頃なオープンカーから維持費、軽自動車、国産、オススメなどを、比較、ランキング形式で紹介